たるみを改善するエイジングケア方法

肌老化対策しよう!たるみを改善するエイジングケア方法を徹底解剖

たるみができる原因をチェックして今すぐ改善しよう

肌が老化していなくてキレイな人の共通点は、たるみがなくハリがあることも大きな要因ですよね。肌のたるみがなければ見た目年齢も若くなり、シワもピンと伸びて気にならなくなります。

最近、肌がたるんできてなんか老け顔に・・・。ハリと弾力をアップするにはどうしたらいいの〜?

そこで、みんなが気になるたるみの正体ハリのある肌を手に入れるためにできることなど、たるみとハリのすべてを徹底解説していきます。

たるみ対策ができるおすすめエイジングケア化粧品もピックアップしましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

肌がたるむ原因をチェックしてハリのある肌を取り戻しましょ。たるみ改善ができるエイジングケア化粧品も合わせてチェック!

目次

肌たるみの構造と原因について

まずは、肌たるみの構造や状態、その原因についてみていきましょう。

「たるみがない肌」と「たるみがある肌」は何が違うの?

肌のたるみ

肌のたるみは見た目年齢に差が

たるみがない肌とたるみがある肌ですが、まずは「見た目」が違ってきます。

たるみがなくてハリのある肌を持っている人は実年齢よりも若く見える反面、たるみがあってハリのない肌の人は実年齢よりも歳をとって見えてしまいます。

肌のたるみは、見た目年齢に大きな影響を与えてしまうという訳ですね。

たるみがなくハリがあるのは赤ちゃんの肌

たるみがなくハリがある赤ちゃんの肌

ちなみに、たるみがなくて一番ハリのある肌を持っている人は、ズバリ「赤ちゃん」。

赤ちゃんの肌は、水分量が多く紫外線の影響も受けていないため、プルンプルンとした弾力を持っています。

赤ちゃんのようにたるみがなくハリがある肌というのは、肌表面がなめらかなだけではなく、肌の内面からしっかりと支える力が備わっているのがポイントです。

さらに、シワが少なくキメが細かい肌になっているのも大きな特徴ですね。

たるんでハリがない肌はシワがたくさんでカサカサ

たるんでハリがない肌

一方、たるんだハリのない肌というのは、しわがたくさんあって見た目からカサカサした状態の肌で、年齢が高い人の肌にどうしても多くなります。

内面から肌を支える力が弱まってしまっている状態です。

しかし、歳を重ねた人の肌すべてが、ハリのないたるんだ肌になるわけではありません。年齢を重ねても内側と外側からのスキンケアによっては、しっかりとハリのある肌を維持することは可能です。

たるみが気になっている人は、外側からのエイジングケア内側からのエイジングケアを一緒に行うのが大切ですね。

肌のたるみ改善に必要なものは何?

肌のたるみ改善に必要なものは「3つ」あります。

それは、肌の真皮にあるコラーゲンエラスチンヒアルロン酸です。この3つが影響しあってハリを作り、肌のたるみを改善してくれます。

肌のたるみ改善に必要なのは真皮層にあるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の3つになるよ!

●コラーゲンの役割

コラーゲンは丈夫なたんぱく質からできた線維で、水分を除いた真皮の約70%を占める成分になります。

コラーゲンは真皮の中に網目状のネットワークを作ることで弾力をキープし、肌のハリを支えるバネの役割をしています。

バネがたくさんあれば弾力が強くなり、たるみのない肌にどんどん近づいていきます。

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸

●エラスチンの役割

バネであるコラーゲン同士を結び付けるパーツがエラスチンです。

エラスチンはゴムのような弾力のある線維で、コラーゲンのところどころをつなぎ止めるように支えています。

たくさんあるバネがそれぞれバラバラに活動するよりも、バネ同士がくっついたほうが効果的に力を発揮することができるので、エラスチンも肌のたるみ改善に非常に重要な役割を持っています。

エラスチンはハリを作るための「縁の下の力持ち」という訳ですね。

●ヒアルロン酸の役割

ヒアルロン酸はゼリー状の物質で、バネとバネのすき間を埋める役割を持っています。

バネだけではごつごつとしたイメージですが、すき間にゼリー状のヒアルロン酸が入ることで、プルンプルンとした弾力が生まれます。

ちなみに、ヒアルロン酸はたっぷりと水分を含んでいるため、たるみ改善だけではなく、肌にうるおいを与える役割も担っています。

たるみを改善するには3つの成分が必要

たるみのないハリのある肌を手に入れるためには、コラーゲンとエラスチンとヒアルロン酸のすべてが必要になります。

この3つの成分をバランスよく手に入れることで、たるみが改善されてぷるぷるの弾力ある肌になれるという訳ですね。

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の3つがバランスよく作用することでハリや弾力のある肌が手に入るという訳ね

肌のたるみの原因は何?

肌のたるみを改善してハリを手に入れるために必要なものは、コラーゲンとエラスチンとヒアルロン酸でした。

ということは、この3つの成分が減少すると肌がたるんでしまうことになります。

では、コラーゲンとエラスチンとヒアルロン酸が減ってしまうその原因はなんでしょうか。詳しくみていきましょう。

コラーゲンやエラスチンヒアルロン酸が減ると肌がたるんじゃうのね。じゃあ、この3つが減ってしまうのはどうしてなの?

原因1:加齢

肌のたるみの最も大きな原因は、年齢を重ねること「加齢」です。

赤ちゃんの肌はプルンプルンですが、年齢とともにコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が減少。結果、肌はハリを失いたるんでしまいます。

そのため、30歳を過ぎたらコラーゲンなどを増やすスキンケアを続けることが大切です。

原因2:紫外線

肌のたるみの原因の2つ目は「紫外線」です。紫外線は肌の大敵。肌の内面まで入り込み悪影響を与えます。

紫外線が真皮に届くと、ハリの大切なポイントであるコラーゲンが変性、劣化してしまいます。それによって肌がたるんでしまうという訳です。

紫外線による肌の影響

紫外線はシミの原因にもなるため、普段から紫外線対策はしっかりと行いましょう。

原因3:乾燥

肌のたるみの原因の3つ目は「乾燥」です。肌の内側の水分量が少なくなることにより、肌のハリや弾力性が失われてしまいます。

乾燥による肌の影響

さらに、肌が乾燥するとターンオーバーが乱れてしまいます。肌の新陳代謝が正常に行われなくなるとコラーゲンやエラスチンが減少したり、劣化したりするので、肌のたるみにつながってしまいます。

原因4:活性酸素

肌のたるみの原因の4つ目は「活性酸素」です。活性酸素が体内で大量発生すると、細胞や遺伝子を傷つけて肌老化を引き起こします。

活性酸素はコラーゲンやエラスチンなども酸化させて細胞を破壊してしまうため、肌のたるみにつながってしまいます。

ちなみに、活性酸素は生活習慣が乱れると発生することがわかっています。特にタバコは活性酸素をたくさん発生させるので注意しましょう。

原因5:女性ホルモンの減少

肌のたるみの原因の5つ目は「女性ホルモンの減少」です。

みずみずしい肌のカギを握るのが女性ホルモン(エストロゲン)ですが、歳を重ねると悲しいかな女性ホルモンは減ってしまいます。

女性ホルモンはコラーゲンを増やす作用があるため、減ってしまうと当然コラーゲンも減少してしまいます。

そのため、規則正しい生活や食生活に気をつけて、女性ホルモンを少しでも減らさないようにすることが大切です。

肌のたるみを改善するエイジングケアとは?

では、肌のたるみを改善するエイジングケアについてみていきましょう。

コラーゲンの生成を促すエイジングケアが◎

肌のたるみを改善してハリや弾力をアップするには、コラーゲンやエラスチンを減少を防ぐことが大きなポイントです。

ただ、コラーゲンやエラスチンというのは表皮の下の真皮にあるものなので、化粧品で直接コラーゲンを摂取しても効果はありません。

化粧品に配合されているコラーゲンは真皮層まで届くことはなく、表皮までしか浸透しないからです。

そのため、コラーゲン配合の化粧品よりもコラーゲンの生成を促してくれる成分が入った化粧品を使うのがおすすめです。

化粧品でコラーゲンを取り入れても真皮層までは浸透しないので、コラーゲン生成を促してくれる成分が入った化粧品を使うのがポイント!

コラーゲンの生成を促してくれる成分には、ビタミンC誘導体、ナイアシン、レチノールがあります。

コラーゲン生成を促してくれる成分

ビタミンC誘導体
ビタミンCはそのままでは肌に吸収されにくいので、肌に入りやすい形にしたものがビタミンC誘導体です。
コラーゲン生成をサポートする作用がある他、美白作用や皮脂抑制作用、抗酸化作用など、様々な効果があります。
ナイアシン
ナイアシンは水溶性のビタミンの一種で、コラーゲンの合成を高めて肌代謝を活性化させる作用があります。
ビタミンC誘導体やレチノールに比べて刺激が少ないので、敏感肌など肌が弱い人におすすめです。
レチノール
レチノールはビタミンAの一種で、もともと人間の体内にあるものです。コラーゲンの生成や肌のターンオーバーを促す作用があります。
効果が高い反面、刺激がやや強いので、肌が弱い人は注意が必要です。

肌のたるみを改善できるおすすめ化粧品

肌のたるみを改善できるおすすめ化粧品をピックアップしましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【NO.1】ビーグレン QuSomeリフト

たるんだフェイスラインを引き上げてくれるマッサージ美容液

引き上げと引き締めを可能にする複合成分を配合したマッサージ美容液が入ったたるみ、ほうれい線ケアのトライアルセット。
ビーグレン QuSomeリフトの特徴は?

たるみ対策に効果的なエイジングケア化粧品No.1は、ビーグレンの「QuSomeリフト」です。

ビーグレンは、薬学博士が開発したサイエンスコスメで、その中のQuSomeリフトは、引き上げと引き締め効果がある5つの複合成分を配合したマッサージ美容液になります。

毎日のマッサージで、エイジングケアに最適な成分をバランスよく角層の隅々まで浸透させることで、たるんだフェイスラインを引き上げることができます。

今なら、QuSomeリフトが入った5つのエイジングケア化粧品が1週間お試しできるトライアルセットが、71%OFFの1,944円(税込)で購入できます。

ビーグレン たるみケア トライアルセットはこちら

●おすすめポイントはココ!

  • 薬学博士のブライアン・ケラーが開発
  • たるみ、ほうれい線による効果効能試験を実施済み
  • 5つの複合成分が角層の奥へ浸透、高密度なハリを実感
  • マッサージでリンパの流れをスムーズにし、シャープな輪郭へ
  • 伸びとすべりがよく、マッサージがしやすいテクスチャー
商品情報
トライアル
セット
5点セット:1,944円(送料無料)
洗顔、化粧水、マッサージ美容液、美容液、クリーム
主な成分 化粧水:ビタミンC誘導体(VCエチル)、ホメオシールド、アッケシソウエキス、EDP3
美容液:ビタミンC(アスコルビン酸)
ゲルクリーム:アクアタイド、アリスチン、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸
返金保証 365日返金保証付き

※価格はすべて税込です。

↓気になる方は下記バナーをクリック↓
ほうれい線

【NO.2】アヤナス エッセンス コンセントレート

たるんだフェイスラインを引き上げてくれるマッサージ美容液

うるおいとハリをもたらす美容液が入った敏感肌用スキンケアのトライアルセット。コラーゲン生成もサポート。
アヤナス エッセンス コンセントレートの特徴は?

たるみ対策に効果的なエイジングケア化粧品No.2は、ディセンシアの「アヤナス エッセンス コンセントレート」です。

アヤナスは敏感肌、乾燥肌用のエイジングケアシリーズで、エッセンス コンセントレートは、抗炎症・抗糖化のWケアでなめらかでピンっとしたハリ肌へと導いてくれる美容液になります。

また、コラーゲン生成をサポートしてくれるオリジナル成分「CVアルギネート」が配合されているのもポイントです。

このエッセンス コンセントレートの他、化粧水、クリームの3つが10日間お試しできるトライアルセットが、今なら1,480円(税込)で購入できます。

ディセンシア アヤナス トライアルセットはこちら

●おすすめポイントはココ!

  • 世界をリードするポーラR&M研究所で開発
  • 敏感肌、乾燥肌用のエイジングケア化粧品
  • ポーラの特許技術で外部刺激から肌をブロック
  • 通常の1/20のサイズ、4倍の浸透力のセラミドで肌の奥まで潤いが届く
  • ポーラR&M研究所オリジナル成分でコラーゲン生成を170%アップ
  • オリジナル複合成分でストレスによる肌荒れをケア
商品情報
トライアル
セット
3点セット:1,480円(送料無料)
化粧水、美容液、クリーム
主な成分 セラミド2、コウキエキス、CVアルギネート、ローズマリーエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス
返金保証 30日間全額返金保証付き

※価格はすべて税込です。

↓気になる方は下記バナーをクリック↓
【アイテム訴求・美容液】アヤナストライアルセット

【NO.3】モイストリフトプリュスセラム

ぬるだけで長時間素肌のハリ・ツヤが実感できる、マッサージ不要のリフトアップ美容液

塗って数分で引き締め・ハリ効果を実感できる主成分DMAEを高濃度配合したリフトアップ美容液。美肌成分の抗糖化成分カルノシン、レチノールなども配合。
モイストリフトプリュスセラムの特徴は?

たるみ対策に効果的なエイジングケア化粧品No.3は、ドクターソワの「モイストリフトプリュスセラム」です。

モイストリフトプリュスセラムは、塗って数分で引き締め・ハリ効果が実感できるリフトアップ美容液。

効果の即効性と24時間の持続性があるのが特徴で、長期的に使用すれば肌が永久的に引き締めることも可能です。

マッサージが不要なので、手軽にリフトアップケアができるのも魅力ですね。

定期コースなら初回限定30%OFF。しかも、送料無料初回解約OKなので、気軽にお試しが可能です。

モイストリフトプリュスセラム30%OFF初回購入はこちら

●おすすめポイントはココ!

  • 速感性ハリ成分「DMAE(酒石酸ジメチルエタノールアミン)」を高濃度で配合
  • 肌につけた10分後にはリフトアップ効果を実感
  • ぬるだけで長時間素肌のハリ・ツヤ効果を実感
  • DMAEには紫外線や乾燥などのダメージから肌を守る働きも
  • 見た目老化を防ぐカルノシンを配合
  • コラーゲン生成をサポートするレチノールを配合
商品情報
定期コース
送料無料
初回限定30%OFF
7,560円
主な成分 酒石酸ジメチルエタノールアミン、カルノシン、サクシノイルアテロコラーゲン、チオクト酸、パルミチン酸レチノール、トコフェロール、ナイアシンアミド
返品・交換 商品到着から7日以内

※価格はすべて税込です。

↓気になる方は下記バナーをクリック↓
モイストリフトプリュスセラム

肌のたるみを改善する食べ物とは?

最後に、肌のたるみを改善する食べ物についてみていきましょう。

食生活も肌のたるみに大きな影響を与えます。

肌は毎日新陳代謝をして新しい肌を生み出しているんですが、肌を作るためにはたくさんの栄養が必要になります。ひとつの栄養素だけを集中して摂るのではなく、バランスよく摂ることが大切です。

コラーゲンの生成を促す食べ物

●タンパク質

肌のたるみ改善に効果的なのが「タンパク質」です。

コラーゲンはタンパク質から構成されているので、体内のタンパク質が不足してしまうと、コラーゲンそのものが減少してしまうんですね。

タンパク質は肉や魚、卵などに含まれているので、これらをしっかりと食べるようにしましょう。

女性ホルモンの生成を促す食べ物

●大豆

その他、肌のたるみ改善に効果的なのが「大豆」です。

大豆には女性ホルモンに似たイソフラボンが含まれていて、ホルモンバランスを整えることができます。

女性ホルモンが増えると肌のたるみ改善につながるので、女性は積極的に取りいれたい食べ物になります。

イソフラボンは大豆製品に含まれているので、豆乳でも効果的です。豆乳は忙しい朝でも手軽に飲むことができるためおすすめですね。

抗酸化力のある食べ物

抗酸化物質を含んだ食べ物も肌のたるみ改善に効果的です。

抗酸化物質には、コラーゲンを壊してしまう活性酸素を抑制してくれる働きがあるので、積極的に摂取していきましょう。

●ビタミンA・C・E

ビタミンA・C・Eは、特に抗酸化作用が高いので、ぜひ摂取したい食べ物になります。

小松菜やブロッコリーなどの緑黄色野菜はビタミンAとビタミンCの両方を含むものが多いのでおすすめです。

ビタミンCが豊富なのはキャベツなどの淡色野菜で、ビタミンEは玄米や植物油、大豆、落花生などに多く含まれています。

●ポリフェノール

植物に含まれるポリフェノールも抗酸化力があるのでおすすめです。

代表的なポリフェノールは、緑茶に含まれるカテキンや大豆に含まれているイソフラボン、さらに、ごまの成分のリグナンなどがあります。

その他、ブルーベリーに含まれているアントシアニン、そばに含まれているリグナンなどのポリフェノールも抗酸化力があります。

●カロテノイド

天然の色素であるカロテノイドも抗酸化力があるのでおすすめです。

代表的なものには、ニンジンやほうれん草に含まれるβカロチンや、鮭やエビに含まれるアスタキサンチン、トマトに含まれるリコピンがあります。

●コラーゲン

コラーゲンを増やす方法として、コラーゲンをそのまま食べたり飲んだりするのはどうでしょうか。

豚足や軟骨などコラーゲンが多く含まれている食べ物やサプリ、ドリンクなどは、一見効果がありそうに感じますが、実はコラーゲンを口から摂ってもそのまま肌のコラーゲンになることはありません。

そのため、あまり効果がないのが実情ですね。

たるみ対策その他のおすすめエイジング化粧品はこちら

肌老化の原因と今スグ対策できるエイジングケア方法は、トップページからチェックできるよ。
【エイジングケア虎の巻】肌老化の原因と今スグできる対策法はコレだのトップページへ